サロンとクリニックの違い

サロンとクリニックの違い 脱毛サロン・専門サロン・クリニックの違いについてですが、「専門」とついていてもいなくても、サロンである以上はどちらも同じような施術内容であると考えることができます。
一方で、脱毛サロン・専門サロンとクリニックでの脱毛には違いがあります。医療機関であるか否かによって扱えるレーザーの機器が異なり、医療機関の方がより強力な効果を持った医療レーザーを使用することが可能です。
サロンは医療機関ではないため一定以上の強力な機器を使用することができず、より効果を緩やかにした光レーザーを用いて施術を行います。
そのため、サロンと医療機関とでは脱毛効果に差が出ることとなります。
医療レーザーの方が一度の施術で得られる脱毛効果が高く、サロンで受けた場合の2~3倍程度の効果が得られるのが特徴です。
そのことから脱毛を完了できる期間までの差が短く、この点に魅力を感じる人が多いことも事実です。
ただし費用面においては、サロンの方が安い価格である傾向にあります。

日焼けには十分注意!

日焼けには十分注意! 近年では脱毛サロンの価格も随分とリーズナブルとなってきているので、ムダ毛の処理もエステサロンで受けるという女性が増えています。
しかしながら肌トラブルを起こすことなくしっかりと効果を上げるには、サロン任せにするだけでは不十分なので、自宅でのケアや注意事項などきちんと理解しそれらを守らなければいけません。
なかなか効果が出ない、予約を断られた、肌トラブルが起こってしまったなどの苦情も増えていますが、お客側に問題があるケースも少なくないので、投資した費用や時間を無駄にしない為にも意識を高く持ちましょう。
まず脱毛サロンへ通っている間は日焼けはタブーで施術後の飲酒も控えなければいけません。
マシンによっては日焼けをした肌に照射をするとやけどを起こしてしまうこともあり、まず施術を断られるのが一般的です。
脱毛処理は肌の乾燥を引き起こすので、施術後は自宅でしっかりと保湿ケアを行うことも大切です。
施術前に剃毛をするときも必ず前日までに終わらせ、肌を十分に潤わせておきましょう。